メディア取材その1~北陸中日新聞様~

(R.M)

先だっての2022年3月18日に、当社オリジナルグランピングテントを見ていただくための展示場をオープンいたしました。そして、その日、石川県内の二大地方紙の内の一つ「北陸中日新聞社」様が取材に来てくださいました。

当日はあいにくの天気だったのですが、来社された記者の方は熱心に聞いておられ、また、逐一メモも取っておられました。

当日は菅本勇気常務が主に受け答えしています。


【以下、関連画像のご紹介】

まずはドーマーの中での質疑応答。それにしても、こうやって見ますとドーマーの中の広さが分かります。

配布させていただいた資料の内容と菅本勇気常務の説明との照らし合わせでしょうか?

お次はグラテの撮影。新聞に掲載するだけに、一番いい構図を探っている模様。

当社オリジナルグランピングテントの特徴の一つ「化粧板」を使用したグラテのエントラスで手触りを確認中。なお、案外、無意識だったのかもしれませんが記者の方はグラテのひさしによって雨から守られています。傘をさしていません。この『ひさし』も特徴の一つです。

展示場とは言え、人が入っている様子を外から見てみたかったようです。常務とスタッフの女性の方にご協力いただいたのですが、なるほど、外から見ると、大きな透明窓の存在感がよく分かります。ちなみに、実際にご使用になられる際は、カーテンをお付けしますので、プライバシーは守られますよ。

(取材を受けたスタッフの声)

「取材時のイメージや動線、取材内容など想定して当日に臨みました。どのような思いで製品開発に臨まれましたか? ドーマとグラテの特徴は? などと聞かれましたが、概ね答えられたと思います。今回の取材ももちろんなのですが、取材では、コロナ禍を打破し、笑顔と笑い声がまた戻ってこれるようなものづくり企業を目指すということを伝え続けます」


取材に来て下さった北陸中日新聞様の終始、細かく聞いてきたことは熱意の表れで、その取材姿勢には感服いたしました。その真剣な姿勢に、当然とはいえ、当社側も真剣に受け答えしなくては本当に失礼に当たる、と感じるほどで、主に応対した菅本勇気常務も一生懸命、今回の新製品をアピールしておりました。

オープン当日は北陸中日新聞社様だけでしたが、この4日後に業界新聞の方もお見えになられてまして、その様子は次回にて。

また、取材に関しましては、当社はいつでもお受けする所存ですので、お気軽にお問い合わせください。

スガモトテントのHPはこちらからどうぞ

テント生地を利用した縫製加工専門HPはこちらからどうぞ

ネット販売のHPはこちらからどうぞ

イベント・レンタルのHPはこちらからどうぞ

シェアお願いします

コメント

コメントする

目次
閉じる