【メディア情報】2022.8/10、北國新聞掲載

(R.M)

いつもお世話になっております。

昨年のこの時期に、オーシャンズテラス柴垣様にて4台、また、つい先日、ちらの記事にて、ご紹介させていただきました通り、もう1台追加で、ドーム型のグランピングテントを設置させていただいて以来、そして、今年に入ってからグランピングテントにおける当社への関心が全国的に高まっていることを肌で感じる今日この頃。

先だっての、石川県内発刊数ツートップ新聞の内の一つ・北陸中日新聞様に続きまして、今回は、石川県内発刊数ツートップの一角にして、県内では、全国紙を含めても発行部数第1位の「北國新聞」様より取材を受けました。

なお、取材を受けたのは8/9で、取材されたのは北國新聞の朝長(ともなが)記者です。


【以下、関連画像のご紹介】

コロナ渦の最中、アウトドアレジャーへの注目が高まり、また、三密を避けるために広いスペースでの宿泊施設の需要が増している昨今、そこにど真ん中で当て嵌まったのがグランピングであり、資料集めのために、ネット検索をかけていたところ、当社がグランピングテントを材料から製作からすべて自社でやっていることを知ったとのことでした。

2022年8月10日付朝刊の4面「北陸経済」欄にて、グランピングが現在、巨大なうねりとなって急速に広まっていることを伝えるニュースの一環として、8月9日に「メーカーの立場からの声」が欲しいということで、朝長記者より電話連絡がありました。対応したのは、当社社長です。

グランピングテント製作を考えた経緯、現在の反響、実績、オーシャンズテラスとの関係、今後の展望や市場をどう考えているか、などの質問を受け、それに対して一つ一つ丁寧にお答えさせていただいております。

それを、簡潔にまとめたのが、上の記事の写真赤のの部分です。

拡大した文面がこちらです。


今回は、電話取材とのことで、当社開発製作のグランピングテント、ドーム型の「ドーマー」とハウス型の「グラテ」を実際に見ていただくことは叶いませんでしたが、HPを見ているとのことでしたので、双方のテントについても、紹介させていただきました。

ただ、ドーム型テント「ドーマー」に関しては、是非、オーシャンズテラス柴垣様を見に行っていただきたいと思います。

現在、オーシャンズテラス柴垣様に当社のドーム型テント「ドーマー」が設置されていまして、それは、プレミアムテラスドームとして、施設の中で一番の特等席に位置していますから。

スガモトテントのHPはこちらからどうぞ

テント生地を利用した縫製加工専門HPはこちらからどうぞ

ネット販売のHPはこちらからどうぞ

イベント・レンタルのHPはこちらからどうぞ

シェアお願いします

コメント

コメントする

目次
閉じる