【意匠登録】グランピングスガモトのグランピングテント2種類を意匠登録

目次

ハウス型グランピングテント「グラテ」&「新デザイン(近日発売予定)グランピングテント」を意匠登録

特許庁より、当社オリジナルグランピングテントで意匠登録証受理

この度、グランピングスガモト(当社)オリジナルグランピングテントの内、のハウス型グランピングテント「グラテ」と近日発売予定の新デザイングランピングテントの意匠登録申請をしたところ、2022年9月26日、特許庁より、2種類とも、申請した部分のデザインについて、他にないものということが証明できたとして、意匠登録証を受け取ることができました。

意匠登録証

ハウス型グランピングテント「グラテ」は登録番号第1726453号、新デザイン(近日発売予定)のグランピングテントは登録番号1726475号です。

ハウス型グランピングテント「グラテ」の意匠登録

「グラテ」の意匠登録証

ハウス型グランピングテント「グラテ」で意匠登録を頂いたのは、グランピングテント前面の全面窓と背面の木製ドアを設置してある箇所から1mほどせり出した、化粧板と木枠で出来ている門構えのようなひさし部分全体です。

「日本製グランピングテント」を象徴させるため、日本人に馴染みの深い木材を使用したエントランス。非日常を楽しむという点でグランピングテント定番のドーム型テントも良いですが、たまには、非日常の中でも、日常でもっとも落ち着ける場所・「家」を模したハウス型も如何でしょうか?

グランピングテント「新デザイン(近日発売)」の意匠登録

「新製品(近日発売)」の意匠登録証

こちらは、ドーム型グランピングテント「ドーマー」、ハウス型グランピングテント「グラテ」に次ぐ、近日発表予定の「新デザイン」グランピングテントの構成箇所の一部について意匠登録を頂きました。

現在、開発中につき、まだ発表できず、誠に申し訳ございません。(目を凝らしますとうっすらと見えないこともなデザインを発表させていただいたときに、一緒に、どういった部分が意匠登録を受けたかをご紹介させていただきます。

今後もオリジナリティに富んだ製品づくりを目指して

今回頂いた、この2つの意匠登録製品は、当社(グランピングスガモト=株式会社スガモトテント)の経営信条でもあります「斬新なアイディア・デザインを駆使し、必要性の高い(役立つ)製品造りを心掛ける」意識から、生まれたものであり、今後も、他には類を見ない当社独自のグランピングテントを創り、皆様にご提供させていただく所存です。

「あれ? なんか変わったグランピングテントじゃない?」

「ひょっとして、グランピングスガモト製かな?」

というお言葉が全国各地のグランピング施設で聞かれるようになる日を夢見て、鋭意努力いたします。

シェアお願いします

コメント

コメントする

目次
閉じる